前へ
次へ

歯医者で歯の治療をしたこと

わたしは、大学の時に体育会系の運動部に所属しており、それなりに激しくやっていました。この年になると、体もしっかりしてくることから、ぶつかり合う衝撃も激しくなってきていました。そんなある日の試合で、私は相手とぶつかった衝撃で、前歯がぐらぐらすることになりました。その後は、硬いものは噛まないようにしながら、だましだましやっていましたが、30歳になるころ、とうとうぐらぐらがひどくなり、折れてしまいました。そこで、歯医者に行き、何とか治療してもらうことにしました。その前歯は歯茎の中で折れていたようで、歯茎と歯の間に隙間ができてしまいました。そこで、歯医者は、横の歯に義歯をくっつけるような形で処置をして、何とか前歯が保たれることになりました。その歯茎と歯の間にできた隙間は、徐々に埋まってくるということでしたので、経過を見ていくことにしました。しかし、うまる日はやってくることはなく、今でもちょっと開いていることは秘密です。

Page Top