前へ
次へ

なぜ歯医者は独特のニオイがするのか

耳をつんざくような音や独特の雰囲気と同時に、歯医者特有のニオイが気になるという人もいるのではないでしょうか。あのニオイの原因は、消毒に使われるホルマリンクレゾールやクローブ油の成分によるものになります。口腔内の治療になるため、治療後の器具の消毒等どのような治療後にも消毒が求められる歯医者は、特にこうした成分がある薬品の使用頻度が高く、他の科に比べてあの特有のニオイが強烈になるのです。そしてそのニオイが治療の際の緊張感を思い出させてしまい、苦手なニオイになってしまう事が多くなるのです。最近では、そのような事で歯医者への足が遠のいてしまわぬよう、各医院色々な工夫をしているようです。治療を行う前の待合室等では極力その緊張感を呼び起こさぬよう、アロマオイルを焚いて少しでも嫌な気持ちを緩和させてくれるような気づかいをする所が増えて来ました。また、消毒の際にも先述のような強いニオイのするものを使用せず、嫌な気持ちを残さないような工夫をしてくれている所もあります。

Page Top